特許フェロモン配合、異性を魅了するモテ香水特許フェロモン配合、異性を魅了するモテ香水

ホーム > 恋愛リサーチ > “次に誘いやすい”がポイント!男性がまた会いたくなるデート後のメッセージ

“次に誘いやすい”がポイント!男性がまた会いたくなるデート後のメッセージ

  • メッセージ
  • 女性向け

最終更新日 2020.06.17

好きな男性や気になる男性とのデート後、メッセージはすぐに送ったほうがいい?どんな内容が喜ばれる?といろいろ悩んでしまいますよね。
そこで、“デート後のメッセージ”について、男性51人にアンケートを実施しリアルな声を集めました。その結果をご紹介します。

男性もデート後のメッセージを重視!

Q.デート後1回目のやり取りは、今後の展開に大きく影響しますか?

「大きく影響する」と答えた男性が88%を占めました。
デート後にどんな内容が来るかで、脈あり、脈なしを判断するという方も多いですよね。 目の前にいないからこそ、相手も自分も本音や気持ちを表しやすいメッセージ。 また会いたいと思う男性には、自分の気持ちをアピールして、メッセージでもいい印象を与えたいですね。

先に送る/送りたい男性が多い!

Q.はじめのメッセージは、どちらから送るのが理想ですか?

「男性から」を選んだ男性が一番多く43%、「どちらでも」が35%の結果となりました。
一方、「女性から」と答えた人は0人。デート同様に「リードしたい」または「リードしないと」という男性の心理があるかもしれません。

もちろん、どちらから送るべき!という決まりはないので、お礼メールなど、女性から送るものアリ。相手からメッセージをもらったら嬉しい気持ちは男性も同じなので、女性から先に送っても喜ばれます!

余韻が残っている当日中に送るのがベスト!

Q.デート後、メッセージを送るベストなタイミングは?

「当日の夜」が圧倒的に多く、7割近くを占めました。
自宅に帰って一息ついた夜の時間帯が、デートの余韻もありつつ、落ち着いて返信もしやすそうですね。

さらに、「別れてからすぐ」の19.6%と合わせると約9割の男性が当日中の連絡がベストと考えていました。デートの印象が残っている当日中なら、気持ちが冷めずにいい雰囲気でやり取りできます!

反対に、「数日以内」ならOKとした男性は0人。相手からなかなか来ないという場合は、24時間以内にアクションを起こしたいところです。

この3つは必須!男性が欲しいメッセージ

では、どんな内容が男性に喜ばれるのでしょうか?
もらって嬉しかったメッセージや、こんなメッセージなら嬉しい!という内容を聞きました。

ほとんどの男性があげたのはシンプルにこの3つでした。

「また会いたい」「次はどこに?」

また、会ってもらえますか?次はどこへ連れてってくれますか?など。(50代男性)

また一緒に何処かへ行こう♪このような言い方をされると嬉しいですね!(50代男性)

今日はどんなところが楽しかった、次はどこに遊びに行きたい、という内容のメッセージだったら自分へ関心を持ってもらえてると感じるので、すごく嬉しいです。(30代男性)

男性が「じゃあ次は○○に行こう」と“次のデートに誘いやすいメッセージ”がポイント。 逆に、次につながるメッセージが一言もないとガッカリするという声がたくさん寄せられました。

「ありがとう」

月並みですが、やはり男としては、デートした後のメッセージはお礼や楽しかった、と言うようなひと言があれば嬉しいです。~中略~「ありがとう」がメッセージに含まれていれば、次のデートも張り切ろうと思います。(50代男性)

ありがとうの感謝の気持ち。(40代男性)

女性から感謝の言葉があると、「満足してくれたんだなと安心する」、また「礼儀正しいなと思う」男性が多いようです。デートでは男性側がプランを考えたり、おごってくれたりすることも多いので、お礼はしっかり伝えておきたいですね。

「楽しかった」

楽しかったと言われるのが嬉しいですね。(40代男性)

楽しかったのでまた逢いたいという趣旨のメッセージ(50代男性)

男性は特に、デートを楽しんでくれたかな?と不安に思っていることが多いよう。 デート中に伝えていたとしても、メッセージでも改めて伝えるのがベターです!

“相手について”の内容で、より好感度アップ!


「一緒に居られてうれしかった」

一緒の時間を過ごせて幸せだった。(40代男性)

今日会えて嬉しかったです。また次を楽しみにしてますね。などなど。(50代男性)

会う前との印象の違い

印象が思っていた通りとかイメージと違ったけど違う好印象だったとか(40代男性)

話していて、好きな事や価値観がとても近いと感じました。(50代男性)

デートの感想だけでなく、相手の男性についての言葉を入れられると、「自分のことをちゃんと見ていてくれた」「自分に関心を持ってくれている」ととても喜ばれます
この人は逃したくないという男性には、一言入れてみるのがおすすめです!

ネガティブな内容は嫌われる

最後に、がっかりしたNGメッセージを聞きました。
本命の彼に送るメッセージは、こんな点に注意です。

ダメ出しや悪口

楽しかったことなどよりも、席がイマイチとか、店員の接客が悪い、料理が微妙など、マイナスポイントばかりを言う人はがっかりします。今後もマイナス面ばかり言われて下げられることを考えたら、そのお相手とは関係を続けていけません。(30代男性)

次は頑張ってね(50代男性)

緊張してしまったり、プラン通りいかなかったりなど、デートでの失敗はよくあること。
デート自体は上手くいかなくても、また会ってみたいなと惹かれる男性がいたらポジティブに変換して言葉をかけてあげるとGOOD!!

相手が明らかに変だったり、ミスったりしている点を避けて連絡をするのではなく、そこを包み込んだうえでのメッセージだったら最高です。例えば、注文した料理が相手が実は苦手なものだった場合、「今日は私の事をまた一つ知り合えたね」的な心をもってくれる方にとてもひかれてしまいます。(40代男性)

どちらにもとれる言葉

また誘ってくださいね とか誰にでも返せるような文章(40代男性)

ほんとに誘って欲しいのか、社交辞令なのか判断しにくい表現もありますよね。 特に文字だけでは、どちらの意味か分かりづらいこともあるので、本命へ送るときには気を付けましょう。

一言だけやありきたりなメッセージ

一言、ありがとうございますで終わり。(30代男性)

ありがとうございました。おいしかったです。など、絵文字・スタンプ等のない単文メッセージ。(30代男性)

定型文のようなメッセージ(50代男性)

あえてこうしたメッセージを送ったのなら仕方がないですが、なんと書けばよいか分からなくて素っ気なくなってしまった、という場合は要注意!

まとめ

どちらが先にメッセージを送るのが正解というのはないですが、連絡のタイミングはやっぱり当日中がベスト。気持ちが高まった状態でやり取りを始めることができれば、次のデートの約束もしやすくなりますね。

メッセージ内容に悩んだときは、“男性が次のデートに誘いやすい”内容になっているかをチェック!また会いたいと思う男性なら、「また会いたい」「また誘って欲しい」という気持ちになりますよね。その素直な気持ちをきちんと伝えることがお互いにとっても良いでしょう。 面と向かってではなんだか恥ずかしくて言えない言葉でも、メールなら素直に伝えられることも。楽しかったデートを次につなげるためにも、自分の気持ちや好意はしっかりアピールしておきましょう!

調査:フェロモン香水ラボ
調査日時:2020年5月28日~2020年6月8日
調査人数:51人(10~60代の男性)