特許フェロモン配合、異性を魅了するモテ香水特許フェロモン配合、異性を魅了するモテ香水

ホーム > 恋愛リサーチ > 頭ポンポンはやっぱり鉄板。女性がきゅんとするボディタッチのコツ

頭ポンポンはやっぱり鉄板。女性がきゅんとするボディタッチのコツ

  • モテ
  • 男性向け

最終更新日 2020.09.02

相手の気持ちを確かめたり、好意をアピールするために、ボディタッチは定番のテクニック。でも、具体的にどうやったらいいのか分からない、セクハラと思われないか不安…、という方も多いのではないでしょうか。

今回は、“男性からのボディタッチ”について、女性120人にアンケートを実施。ドキドキするボディタッチのシチュエーションや、NG例も聞きました。その結果をご紹介します。

8割以上がボディタッチでドキドキ経験あり!

Q.付き合っていない男性からのボディタッチで、ドキドキしたことはありますか?

「ドキドキした経験あり」が82.5%と「ドキドキした経験なし」は17.5%となりました。

ほとんどの女性が、ボディタッチでドキドキした!という経験があるようです。
上手く出来れば、女性をドキドキさせられる可能性大です!

女性は王道のドキドキシーンに憧れる



Q.こんな風にされた、もしくはされたいシチュエーションを教えてください。

ドキドキした、またはこんな風にされたい!というボディタッチのシチュエーションを聞きました。
どの年代の女性も、やはり王道のシチュエーションに憧れるようです。

頭ポンポン

何気ない時に頭ポンポンされると、この歳でもドキッとします。(40代女性)

職場の先輩(年下)から、注意したいことがあるから、あとで◯◯に来てと言われ、おそるおそる行ったら、あたまをポンポンしながら優しく教えてくれた。(30代女性)

仕事で落ち込んでいたら、頭を撫ででくれた上司には、普段は無いことなので、ドキッとしました。(30代女性)

仕事の上司に相談していたら、顔をのぞきこむように見て、笑顔で頭をポンポンと軽く撫でてくれた時。まるで、恋愛ドラマみたい。(40代女性)

アンケートに答えてくれた女性のなんと約25%が「頭をポンポンされる」シーンを答えました。
特に、会社の上司からされたというのが多いのが印象的。仕事で落ち込んだ時や辛いときに、頭をなでられたら、普段とのギャップもあってドキッとするのかも。
ただし、「頭ポンポンは髪型崩れるので不快。(30代女性)」という意見もあるので、力加減にはご注意を。

守ってくれる

車道側歩いてたら、危ないよって腕引っ張って、彼が車道側を歩いてくれた時(20代女性)

まだ友だちだった男性と楽しく話しながら道を歩いてあるときに、さりげなくわたしの肩に手をやって道路の端に誘導されたときドキっとしました。車がよく通る道だったので、なんとなく守られてるような気がして。(40代女性)

内側歩きな。と言って、車道側を歩いてくれようとした時に、少しこちらの背中を押して内側の安全な方へ誘導してくれたり、手を引いてくれたりされたいなぁ❤︎(40代女性)

飲み会の帰り電車でよろけた時にそっと支えてくれた時(30代女性)

車道側にエスコートしてくれるパターンを答えた女性も多く、約20%いました。
女性は守られたい生き物。意識していなかった男性でも、グイっと引っ張って守ってくれたら、男らしさや頼りがいを感じて、ドキドキしてしまいます。

バックハグ

バッグバグされて、振り向いたらキスされた(40代女性)

後ろから抱きしめられたい。(30代女性)

頭ポンポン、車道側へエスコート、バックハグなど、ドラマに出てきそうな鉄板シチュエーションが人気でした。
ベタすぎて恥ずかしい…と思う男性も多いかもしれませんが、女性は素直に嬉しく感じるものです。

教える時

何か教えてくれているときに、そっとサポートしてくれる感じで、自然に軽く触れたらどっきっとすると思います。その瞬間から意識すると思います。(50代女性)

スポーツをやってる時、手の使い方なとわが違う時に直してくれた時。(40代女性)

何かを教える時は、自然に触れることができますね。 スポーツや運転など、自分が得意なことがあれば、教えるシチュエーションに持ち込めると上手くいくかも。

しそうにない人からされるとキュン

実は片思い相手がいるのですが、食事に行って何時間も経ち、深い時間帯になったときに酔った勢いで意外な人にボディタッチされたときは舞い上がるほどうれしかったです。(40代女性)

普段はそっけない人が、寝ている(寝たフリをしてた)時に頭を撫でてきた(40代女性)

普段からボディタッチが多いと、だれにでもやってるのかなと特別感がありません。ここぞという時だけにやるのがポイントです。普段とのギャップも、キュン要素です。

関係性が最重要。不快に感じるボディタッチ


Q.こんなボディタッチは逆効果!不快に感じるボディタッチを教えてください。

不快なボディタッチで一番多く寄せられたのは、どんなシーンかや触り方ではなく、「相手との関係性」でした。
頭ポンポンに憧れていても、誰にされても嬉しいわけではないんです。

親しくない人、好きじゃない人

付き合ってない、または「確実に両想い」じゃない相手からのボディタッチは、基本的に気持ち悪いです。(30代女性)

今は夫以外の男性に触られるのは不快です(40代女性)

それほど親しくしていない人からの馴れ馴れしいボディタッチは不快でしかない。(50代女性)

生理的に受け付けないタイプの人のボディタッチは何をしても気持ちが悪い。触らないでほしい。(40代女性)

好きでもない男性からのボディタッチは全部不快。(40代女性)

こちらの気持ちに関心なく、一方的に抱き付かれたことが何人かいて不愉快だった(40代女性)

ボディタッチに関して言えば、女性の警戒心は男性の何倍も強いという事を忘れないようにしましょう。結婚相手や交際相手以外には触ってほしくないという女性もいます。
まだ親しくない人や好意を持てない人からのボディタッチは、不信感につながります。関係が築けていない段階で、むやみにボディタッチするのは絶対NG

下心がみえみえ…「触ろうとして触る」はNG


“女性に触る”ことが目的になっているような触れ方は、セクハラと思われる可能性が大。

下心がみえるような感じあるいは 余りに女心に疎いボディタッチ(40代女性)

わざとらしい、腰から下へのタッチ(40代女性)

いかにもな、下品な顔でされる行為は不快です・・・。(30代女性)

特に、触ってほしくない場所で多く挙げられたのはこの部位でした。

に手を回す(30代女性)

を触るのはNG(もはやセクハラ)(40代女性)

背中

酔っ払いおやじが、背中をてのひらで広い範囲を撫で回してきた!(40代女性)

背中を押される(40代女性)

足や顔は彼氏以外嫌な気分になります。(40代女性)

ほっぺ触る(20代女性)

を抱き寄せられるのは不快(40代女性)

凝ってるの?」といきなり肩を揉んでくるのは気持ち悪いですね。(40代女性)

を触られるのはイヤ!(40代女性)

特にお付き合いしていないのに、耳元に息を吹きかけられて、とてもイヤだった。(40代女性)

その他にも「ベタベタさわる。(40代女性)」「ずっとホールドで触る人(40代女性)」など、あからさまに触ろうとするのもNG。

セクハラまがいのボディタッチは女性にとっては恐怖でしかありません…
いい意味で女性をドキドキさせるボディタッチを目指しましょう。

まとめ

女性をドキドキさせたいなら、ベタな王道のボディタッチがやっぱり一番効果的。女性はいくつになっても、ドラマみたいなロマンティックなシチュエーションに憧れるものです。

ただし、相手との関係性はとても重要。女性は男性よりもボディタッチに対する警戒心が強く、まだあまり親しくない関係や、好意のない男性からのボディタッチは、不信感を抱いてしまいます。また、好感を持っていた男性でも、下品な触り方だったり、何度もしつこくすると、一気に悪印象。さりげなく自然に、そして優しく紳士的なボディタッチが鉄則です。

調査:フェロモン香水ラボ
調査日時:2020年8月6日~2020年8月18日
調査人数:女性120人(10~60代)

ラブアトラクション無香料(男性用)