ボディタッチにドキッとした瞬間(男性編)

フェロモン香水 恋愛コラム

女性からのボディタッチにドキッとした瞬間

1位 突然、手に触れられたとき 29%
2位 腕にそっと触れる、パシッと軽く叩く 16%
2位 さりげなく肩にタッチされたとき 16%
4位 太ももに手を置かれたとき 13%
5位 背中、膝に触れられたとき 5%

不快に感じた、女性からのボディタッチ

1位 女性からのボディタッチで不快に感じたことはない 34%
2位 酔ってなれなれしく肩を叩いたり、肩に頭を乗せる 8%
2位 わざと太ももに触れる 8%
2位 ふざけて頭を撫でる 8%
5位 好意のない女性に手を握られる 5%

男性が付き合っていない女性からのボディタッチにドキッとした瞬間、
第1位は「突然、手に触れられたとき」。全体の3割近くの男性がこう回答しています。
「仕事中の書類のやり取りでちょっと手が触れたとき」「一緒に歩いているときに急に手を繋がれたとき」
「少し酔った女性から手を握られたとき」など、手に触れられると弱い男性が多いようです。

「腕にそっと触れる、パシッと軽く叩く」が第2位。「女友達と歩いているときに、腕にそっとしがみついて
きたときは、意識しまくりだった」「手冷たいでしょ?と腕を軽く握ってきたときはドキッとした」など、
腕に触れられることで、女性を意識してしまうという意見が多く寄せられました。

また「会話中、ツッコミを入れるときに腕を軽くパシッと叩く」など、会話の流れの中での
自然なボディタッチ
は好感を持たれることが多いようです。
同率2位の「さりげなく肩にタッチされたとき」も同様のシチュエーションの体験談が寄せられました。
ただし、ベタベタ触るのはNG。「なれなれしく肩を叩いたり、肩に頭を乗せる」が、男性が不快に感じる
ボディタッチ2位にランクインしています。お酒が入ったときなどは注意が必要です。

第4位は「太ももに手を置かれたとき」
「飲み会でされると、自分に気があるとつい勘違いしてしまう」という男性が
少なくありませんでした。勘違いさせたくない相手にはしない方が無難のようです。

男性はこんなボディタッチにドキドキしている!

・女性が落とした物をかがんで拾おうとしたときに、女性の髪が自分の手に触れた時にドキッとした。
・仕事中、パソコン操作が分からず困っていたら、マウスに置いた自分の手に彼女が手を重ねて親切に教えてくれた。頭が彼女の胸に当たりドキドキした。
・職場の気になる女性にパソコン操作を教えていると「ほら、私手冷たいでしょ?」って言って腕を触ってきた。意外さと突然さにドキッとした。
・2人で会話していて、冗談ぽく軽く怒ったような表情で「もう!」と言いながら腕や肩を軽く叩かれてちょっと嬉しかった。
・残業で私がパソコンに向かっていると「お疲れ様」と言って後ろから両肩に手をかけられ、ドキッとしました。
・やはり下心が働いていない時の何気ないボディタッチはグッときます。特に「面白い!」と言われながら肩を叩かれたりすると嬉しいです。
・飲み会で、隣の女性からの肩、腕、太ももへのボディタッチは勘違いしますね。
・会社のメンバーでの食事会で、隣に座った美人女性と会話が盛り上がり、いきなり彼女が太ももの上に手を乗せてきたときにはさすがにドキッとしました。
・職場の飲み会で、隣の女性が僕の太ももに手を置いてきた時はとてもビックリしました。「絶対、僕に気がある!」と思ったのですが、結局、進展することはありませんでした。

女性からのボディタッチは基本OK、でも時には不快に感じることも

・飲み会で酔っ払ってこれみよがしにボディタッチをしてる子を見ると、引いてしまいます。
・酔った勢いで肩に頭を乗せるとかマジでむかついた。
・掘りごたつ式の居酒屋で、女性がお手洗いに行こうと掘りごたつから出ずにお尻だけ浮かせて移動していた。男性の太ももを手で触りながら、自分のお尻をこすりつけるようにしていて、計算かなぁと少し不快になりました。
・飲み会の席で、話に割り込んできたうえに、なれなれしく膝や太ももを撫でてきた。トイレに立つふりをして別の席に移動した。
・いきなり股間を触ってきたのはどう考えてもNGです。

男性への「不快だったボディタッチは?」という質問に対し、圧倒的に多かったのが
「女性からのボディタッチを不快に思ったことはない!」という回答でした。
女性よりも体に触れられることへの抵抗は少なく、ボディタッチでドキッとさせる
効果は大きいようです。ただし、わざとらしさを感じさせるいきすぎた行動や、
酔った勢いでなれなれしく触るのは、あまりよく思わない男性もいるので注意が必要です。